サクッとわかる高校世界史

共通テストで戦える知識を提供します。学び直しにも最適です。

イスラーム世界の誕生

今回からは中国が魏晋南北朝の混乱に苦労していたころの中東に焦点を当てて解説していきます。中東地域はローマ(ヨーロッパ)と中国(アジア)を結ぶ中間地点に位置しており、交易の要地として繁栄していました。今日、最後の預言者として知られるムハンマドもメッカの商人でした。今回はイスラーム教の誕生とムハンマド死後のイスラーム教の動きについて解説します。

→6世紀後半にササン朝ビザンツ帝国(東ローマ)の争いが激しくなったことでオアシスの道が遮断された。

→オアシスの道を通して取引されていた品物がアラビア半島を経由するようになり、メッカなどが栄える。

→メッカの商人であるクライシュ族ハーシム家に生まれたムハンマドは40歳ごろヒラー山にある洞窟で瞑想していると唯一神アッラーの言葉を授けられた。(アッラーとは、定冠詞アに神を意味するラーが合わさったもので、the godという意味である)イスラーム教の誕生である。

→神からの言葉はその後もたびたび授けられ、613年ごろから預言者としてムハンマドは布教を開始した。

ムハンマドは富の独占を批判したために商人たちから迫害を受け、622年にメディナに移住(このことをヒジュラといい、聖遷を意味する)し、イスラーム共同体と呼ばれるウンマを建設した。メディナはかつてヤスリブと呼ばれる町であったが、後に預言者の町を意味するメディナと改称された。

→630年、ムハンマドはメッカを征服し、カーバ神殿イスラーム教の正殿とした。

巡礼するムハンマド

イスラームは勢力を広げていき、アラビア半島全域がムハンマドの権威のものでまとめられた。

→632年、ムハンマドが亡くなり、カリフと呼ばれるムハンマドの後継者が選挙によってえらばれた。カリフはムハンマドと異なり、神からの啓示を受ける力はなかった。

→最初のカリフにはアブー・バクルが選ばれ、彼の下でイスラーム勢力はアラブの大征服と呼ばれる征服活動を行い、ササン朝をも滅ぼした。(ニハーヴァンドの戦い)

アブー・バクル死後、ウマル、ウスマーン、アリーの四人が選出され、選挙で選ばれたため、彼らは正統カリフと呼ばれる。ウスマーンの時代には聖典コーラン)のがまとめ上げられた。コーランムハンマドが神の言葉を伝え、それを書き記したものである。

→カリフ制度によってイスラーム教徒(ムスリム)のまとまりを維持できたかのように思われたが、カリフをめぐってムスリム同士が対立し、アリーは殺害されてしまった。アリーと彼の子孫を正当と考えるシーア派はこの時誕生した。

→アリーと対立していたムアーウィヤはカリフを名乗り661年にダマスクスを都としてウマイヤ朝を建てた。

ウマイヤ朝の領域

 

まとめ

イスラーム教 預言者ムハンマドが神からの啓示を受けて開いた。一神教アッラーを信仰する。信徒には礼拝を含む六信五行が課される。(やらない人もいる)

ムハンマド メッカの商人一族に生まれた。最後の預言者とされている。

正統カリフ ムハンマド死後に選ばれた4人の後継者のこと。アブー・バクル、ウマル、ウスマーン、アリーである。

ウマイヤ朝 ムアーウィヤが建国した。都はダマスクスに置かれた。

中国との深いつながり 古代朝鮮・日本

前回は魏晋南北朝時代をすべて解説しました。今回は古代朝鮮・日本の歴史と中国との関わりについて解説していきます。本題に入る前に、前回まで中国史ばかりを扱ってきたので時系列を軽く整理したいと思います。(年表表示の都合上パソコンで読まれることを推奨します)

        ・ヨーロッパ            ・中国

紀元前2000年  エーゲ文明が繁栄          殷が成立(前1600ごろ)

紀元前1000年  鉄器時代始まる           周が成立(前1050ごろ)

紀元前800年  ローマ成立(前753ごろ)      春秋時代始まる(前770ごろ)

紀元前500年  ローマ共和制(前509)       戦国時代始まる(前403)

紀元前300年  ローマ、シチリア獲得(前241)   秦が中華統一(前221年)

紀元前200年  カルタゴ滅亡(前146)       前漢成立(前202)

紀元 100年  ローマ元首政開始         後漢成立(25)

   200年  テトラルキア(293)        魏晋南北朝時代始まる

 

前回までの中国史の流れをヨーロッパと並べるとこのようになります。今回は200年ごろに成立した衛氏朝鮮から解説していきます。なお、檀君神話や簀子朝鮮については神話との境界が曖昧なことに加え、中国側史料との間に大きな食い違いがあるため取り上げません。

→紀元前194年、衛満(えいまん)によって朝鮮半島北部に衛氏朝鮮が建国された。衛満は漢人であった。

漢の武帝によって征服され、朝鮮北部は漢の領土として楽浪郡など4つの郡を設置した。その後朝鮮北部では紀元前37年ごろ成立したとみられる高句麗が漢の支配を脱して強大化し、5世紀に最盛期を迎えた。

朝鮮半島南部には部族集団の馬韓(ばかん)・辰韓(しんかん)・弁韓(べんかん)の三国が紀元前2世紀ごろに成立し、4世紀まで存続した。この三国を合わせて三韓といい、4世紀半ばにはそれぞれが百済(ひゃくさい)・新羅(しんら)・伽耶(かや)に取って代わられた。この三国の時代を三国時代という。仏教や漢文などが中国から取り入れられ発展したのはこの時代であった。

4世紀の朝鮮半島Historiographer, KEIMS作、wikipediaより)

→日本は朝鮮半島三国時代にあったころ多くの小国家が乱立しており、その中から邪馬台国(やまたいこく)が有力となっていた。邪馬台国卑弥呼(ひみこ)は魏に朝貢し、親魏倭王(しんぎわおう)の称号を与えられていた。

→4世紀にはヤマト王権のもとで国家統一が進み、5世紀には倭国(わこく)として中国に朝貢した。ちなみに、古代日本は朝鮮半島南部にも領土を持っていたとする説もある。

 

まとめ

朝鮮 北部は衛氏朝鮮高句麗、南部は三韓→三国

日本 小国乱立→邪馬台国の台頭→ヤマト王権によって国家統一倭国

南北朝の動乱と社会

前回は「三国志」の舞台となった三国時代、そして五胡十六国時代について解説しました。今回は「魏晋南北朝時代」の南北の部分に焦点を当てて解説していきます。(魏晋とは曹丕の建てた魏と司馬炎の建てた晋のことです

華北では365年に北魏が成立し、五胡十六国をまとめ上げて439年に華北統一を成し遂げた。これと同時に江南では東晋が崩壊し、劉裕(りゅうゆう)によって宋(そう)が建国された。

→宋は都を建康(現在の南京)におき、のちに成立する王朝も建康に都をおいた。(江南に成立したため、それらをまとめて南朝という。南北朝南朝のことです)

5世紀半ばの宋と北魏(俊武作、wikipediaより)

→479年には宋に代わって斉が成立し、その後、梁(りょう)、陳(ちん)の4つの王朝が短期間に勃興した。特筆すべきこととして、梁では建国者の武帝によって仏教が保護され、南朝文化が栄えた。

→南北に別々の王朝が存在する状態はおよそ1世紀半にわたり、南朝という呼称以外に建康に都をおいた三国時代の呉と東晋を含めて六朝(りくちょう)と言うこともある。(呉の都は建業(けんぎょう)と呼ばれたが、場所は建康と同じである)

南朝の梁の時代に華北では積極的な漢化政策(社会↓)によって北魏が東西に分裂し、その後さらに東魏では北斉(ほくせい)が、西魏では北周(ほくしゅう)が成立した。最終的に北周北斉を吸収した。北魏東魏西魏北斉北周の五王朝を合わせて北朝と言う。(南北朝時代の北の部分に当たります)

東西に分かれた北魏南朝の梁(俊武作、wikipediaより)

→やがて北周の軍人であった楊堅(ようけん)が陳を倒して南北朝時代をおわらせ、中国を統一した。(この部分は近いうちに解説します)

・ここからは、魏晋南北朝時代の社会の仕組みについて解説します。

魏 郷挙里選に代わって九品中正(きゅうひんちゅうせい)という官吏登用制度が実施された。地方に中正官と呼ばれる役人を配置し、その役人を通じて人材を推薦するものである。推薦にあたり人材は9つの階級にわけられた。貴族の子弟が推薦されることとなり、家柄が固定されて貴族の力が強くなった。(このことは南北朝時代を通して言える)また、屯田制(とんでんせい)という国家主導で官有地の耕作を行う政策がとられた。

晋 占田・課田法(せんでん・かでんほう)を実施したとされるが、詳細は分かっていない。

北魏 第6代皇帝の孝文帝(太武帝は3代目)は均田制や三長制を行った。均田制とは農業振興策の一つで、成年男子とその妻に対して死後または70歳で返還させる露田(ろでん)と世襲の桑田(そうでん)を支給し、その収穫を税として取り立てるものである。また、三長制とは村落制度のことで、5家を隣、5隣を里、5里を党とするもので、これによって税を均等に徴収することを目的とした。

また、都を平城(へいじょう)から洛陽に遷すとともに、鮮卑族の言語や服装を禁止し、漢族との融合をはかる漢化政策を行った。(結果は↑で述べた通り)

・ここからは南北朝時代の文化について解説します。

華北 魏晋南北朝時代では仏教が中国に広まり、西域出身の仏図澄(ぶっとちょう)や鳩摩羅什(くまらじゅう)が華北での布教、仏典の漢訳に努め、東晋の僧であった法顕(ほっけん)はインドへ出向いて仏教を学び、その道中のことを旅行記「仏国記」として著た。また、敦煌(とんこう)や雲崗・竜門(うんこう・りゅうもん)では粘土や石材を用いて仏像が作られた。(雲崗・竜門は北魏の時代から作られ始めた)さらに、仏教の影響を受けて仙人や不老不死といったものを信じる神仙思想と道家の思想が合わさって道教が誕生した。道士の寇謙之(こうけんし)は北魏の太武帝による保護を受けた。

敦煌石窟(Zhangzhugang作、wikipediaより)

江南 華北と異なり江南では仏教はあまり広まらず、貴族層に知識として知られる程度であった。魏・晋の時代には俗世に背を向け竹林などで自由な議論を行う清談(せいだん)が知識人の間で流行した。ちなみに、万葉集には「古の七の賢き(さかしき)人どもも欲(ほ)りせしものは酒にしあるらし」という大伴旅人の歌が収められており、この「七の賢き人ども」は清談を行っていたことで知られ、竹林の七賢と呼ばれる阮籍(げんせき)らのことを指している。

また、文学では陶潜(とうせん)や謝礼運(しゃれいうん)の詩や、四六駢儷体をもちいた昭明太子(しょうめいたいし)の「文選」が有名である。絵画では顧愷之(こがいし)が、書道では王義之(おうぎし)が代表的な人物である。

顧愷之の女史葴図のレプリカ。実物は現存していない。

今回までで春秋戦国時代から魏晋南北朝時代までの中国を解説してきました。次回はこの間の東アジア特に朝鮮半島と日本の様子を解説していきます。サブスクライブしていただけると励みになります。

「三国志」の舞台、魏晋南北朝の始まり

前回は主に中国の北方で勃興した民族や国家について取り上げました。今回は後漢が滅亡した3世紀(220年)から五胡が台頭していた4世紀の中国について解説します。

黄巾の乱が起こり後漢が滅ぶと、中国全土で再び混乱が起こり、各地で争いが起こった

後漢末期の軍人であった曹操の子の曹丕(そうひ)は漢の皇帝から帝位を譲り受け華北に「魏」を建国した。このように帝位を譲り受けて王朝が交代することを易姓革命では禅譲(ぜんじょう)という。

曹丕

→長江下流域では孫権によって「呉」が建国され、四川のあたりでは劉備によって「蜀」(しょく)が建国された。ちなみに、孫権孫子の子孫にあたり、劉備前漢の景帝に連なる人物である。

劉備

孫権


→魏が最も力をつけ、263年に蜀を滅ぼした。しかし魏は軍人の司馬炎(しばえん)によって帝位を奪われ265年に滅亡し、新たに「晋」が成立した。このように帝位を奪って王朝が交代することを易姓革命では放伐(ほうばつ)という。

緑が魏、黄色が蜀、赤が呉(玖巧仔作、wikipediaより)

→晋はその後、呉を倒して中国統一を果たした。

→前回解説したようにこの後帝位をめぐって八王の乱(290~306)が起こり、これをチャンスと見た五胡が中国へ侵入を開始し、五胡の一派である匈奴は晋の都であった洛陽を陥落させ、晋は滅んだ。

→晋の王族の一族であった司馬睿(しばえい)は江南へ逃れ、建康(南京)で晋の復興を果たした。このため、司馬炎による晋を西晋と呼び、司馬睿による晋を東晋と呼んでいる。

華北では西晋が滅んだことで様々な民族が入り乱れる状態になり、5世紀前半に鮮卑の一派である拓跋氏(たくばつし)によって北魏が建てられ、太武帝の時代に華北が統一された。なお。351年に前秦によって華北は一時統一されていたが、水の戦いで東晋に敗れ華北は分裂状態になっていた。

406年ごろの中国(トムル作、wikipediaより)

 

まとめ

魏晋南北朝時代 三国時代から五胡十六国時代そして隋の建国までを表す時代区分

三国 曹丕が魏を、孫権が呉を、劉備が蜀を建てた。魏が最も力をつけた

晋 魏の帝位を奪った司馬炎によって建国された。匈奴に滅ぼされたのち、建康で復興された。

北魏 五胡十六国時代の終わらせ、華北を統一した。

 

遊牧民の登場と中国侵入

前回までは殷から漢にかけて中国を解説してきました。今回からは、この間(約1500年間)に登場した北方遊牧民について、晋が建国される直前までの動きを解説していきます。ここでは前回までに少し登場した匈奴や犬戎、そしてゲルマン人の大移動の原因となったフン人などを扱います。

 

ギリシアや中国と異なり、遊牧民族は自らの歴史を記述する文化を持っていなかった。そのため、史料で最初に登場するのは紀元前7世紀に台頭したスキタイである。犬戎はスキタイと同時期に鎬京に侵入した。

→スキタイは紀元前4世紀ごろにスキタイ文化を形成し、動物文様の武器などが作られた。また、このころ陰山山脈周辺では匈奴(きょうど)が台頭し、天山山脈周辺では烏孫(うそん)、タリム盆地では月氏(げっし)が台頭した。特に匈奴はスキタイ文化を吸収して勢力を増し、始皇帝とも戦いを繰り広げ、紀元前2世紀の冒頓単于(ぼくとつぜんう)のころには漢の劉邦に勝利している。

紀元前2世紀の勢力図(トムル作、wikipediaより)

→このころ月氏匈奴烏孫に圧迫されてモンゴル高原からバクトリアへ移動し、国家を形成した。これがのちの大月氏である。大月氏はのちのクシャーナ朝の元となった。また、烏孫もイリ地方へ移動し、匈奴討伐のため前漢と同盟を結んだ。

→紀元前54年、武帝に敗北した匈奴は東西に分裂し(東匈奴は漢に服属)、さらに紀元後48年には東匈奴はさらに南北に分裂した。中国に近い南匈奴は漢に服属し、北匈奴はフン人になったとされている。

匈奴と戦った漢の将軍、霍去病(かくきょへい)

→その後4世紀にはいると、勢力を盛り返した南匈奴に加え、鮮卑(せんぴ)、羯(けつ)、氐(てい)、羌(きょう)の五胡(五胡十六国の五胡はここからきているが、この時代には5以上の民族が乱立していた。)と呼ばれる民族が力を持つようになった。なお、氐と羌はチベット系の民族で、羯は匈奴の一派である。

 

五胡の勢力図(世界の歴史まっぷより)

→中国国内の混乱が収まり、「晋」が建国された。(ここの歴史は次回解説)しかし帝位をめぐって一族度同士が争う八王の乱が起こったことで晋の体制にゆるみが生じ、これを中華侵入の好機と見た匈奴によって晋は滅ぼされた。(この出来事を永嘉の乱という)

→その後、華北(中国北部)は五胡十六国時代に突入し、江南(中国南部)では晋の一族である司馬叡(しばえい)によって東晋が建てられた。

 

時系列

  • 紀元前8世紀 犬戎(犬戎は遊牧系とされるが詳細不明)
  • 紀元前7世紀 スキタイが史料で確認できる
  • 紀元前4世紀 匈奴が台頭、中国へ侵入
  • 紀元前2世紀 冒頓単于のもと匈奴が最盛期、劉邦に勝利。月氏バクトリアへ移動し大月氏建。烏孫前漢で同盟成立
  • 紀元前54年 前漢武帝に敗れ匈奴が東西に分裂
  • 紀元後48年 東匈奴が南北に分裂
  • 220年    後漢滅亡
  • 265年    晋成立
  • 4世紀    五胡の台頭

 

後漢の政治と文化の展開

追記:何故かサムネイルがメガネになっています🤔

前回は劉秀が漢を再興し、後漢が成立したところまでを解説しました。今回は後漢の政治と「漢」を通しての文化を解説します。

→劉秀はまず都を長安から洛陽に遷した。(劉秀は光武帝と呼ばれ、日本では「委奴国王」印を授けたことで知られている。

福岡県で出土した金印

→しかし、宦官と豪族の対立が深まり、二度にわたる党錮の禁を経て混乱が起こる。

豪族は大土地を所有し、農民を支配下に置くことで基礎を固め、さらに郷挙里選と呼ばれる官吏登用制度のもとで官僚となり、力を持つようになっていた。

→184年に黄巾の乱が起こり、220年に後漢は滅亡した。ちなみに、黄巾の乱の黄巾とは、この乱を主導した宗教結社「太平道」の思想に元づくものである。

・漢代を通して法家や道家の思想より儒教の思想が重視されるようになっていった。これは、前漢武帝時代に董仲舒(とうちゅうじょ)という人物が儒学を官学とすることを勧めたからであり、漢代には「五経」(易経詩経書経、春秋、礼記)が重要経典とされ、鄭玄(じょうげん)に代表される人々によって経典の解釈を研究する訓詁学も生まれた。

・また、中華史の編纂も行われるようになり、前漢時代には司馬遷によって「史記」が著され、後漢時代には班固(はんこ)によって「漢書」が著された。これらの史料はいずれも「紀伝体」形式(人物にフォーカスして記述する)が用いられた。ちなみに、班固の弟に班超(はんちょう)という人物がおり、前漢に張騫が西域へ派遣されたのと同じように班超は後漢時代に西域に派遣されている。

後漢時代の領土

 

まとめ

後漢 劉秀によって再興された漢のこと。黄巾の乱により滅亡した。

訓詁学 儒教経典の軸解釈を重視する学問で、鄭玄などが知られている。

紀伝体 史記漢書で用いられた歴史記述の方法で、特定の人物について詳しく記述した。年号順で歴史を記述したものは編年体と呼ばれる。

次回からは古代中国文明が起こっていたころ(秦・漢時代)における中国北方民族の動向について解説していきます。読んでいただけると励みになります。

 

 

外戚による国家「新」の誕生

前回は武帝以降の漢では宦官や外戚の台頭によって皇帝権力が弱まったというところまでを解説しました。漢はそもそも紀元前202年に成立したのですが、およそ200年後の紀元8年、ついに外戚である王莽(おうもう)によって乗っ取られてしまいました。今回は王莽の建てた国家について解説します。

→紀元8年、外戚として力を持った王莽は時の皇帝平帝(14代皇帝、へいてい)が亡くなると漢の皇帝を廃して自らが皇帝となり、「新」を建国した。

平帝の皇后の父親として力を持った王莽

→王莽は周の時代の政治を復活させようとして急激に改革を推し進めたために各地で反発を招いた。(周の政治は儒教において理想とされていた)

→紀元18年、赤眉の乱がおこった(せきび)

→この乱の最中に劉秀(りゅうしゅう)という人物によって漢は復興(後漢)され、新は滅んだ。

漢を復興した劉秀(のちに光武帝と呼ばれる人物)

 

まとめ

 外戚の王莽が漢に代わって建国し、周の政治を理想とした。赤眉の乱により滅亡した。

劉秀 赤眉の乱で勢力を伸ばした人物。漢の一族の人間で漢を復興し、現在では光武帝と呼ばれている。